冬至にゆず湯と沢庵

12月22日、冬至です。

 

一年で一番夜が長い日、

日照時間が一番短い日でもあります。

今日から日が長くなっていくのだと思うだけでも

ほんの少し寒さが和らぎ、温かい気持ちになります。

 

今日はゆず湯に入ります。

 

あと「ん」が付くものを食すと幸運になるとのことで、

たちばなのこうこ、沢庵漬け「たくあ」をいただきます。

 

 

 

大根を育てるところから4、5ヵ月、長い工程を経て今週出来たばかりの旬のお漬物です。

 

収穫してから2週間程、大根が『へ』の字になるまで自然干しをします。

 

 

 

たちばな本舗の「こうこ」沢庵は、

たっぷりの米糠で漬ける、昔ながらの伝統製法。

 

 

重しをのせ、水をあげ、コリコリとした食感に仕上げます。

 

 

大根を干している風景は、晩秋から初冬にかけての風物詩。

 

 

 

↓ こちらは、昨年の大根干しの風景。

 

 

もう雪が30センチくらも積もっていました。

 

今年はまだゼロ。

 

 

 

大根の縛り方は、昔の知恵をそのまま伝授。

 

大根が乾いて来て、細くなってもこの編み方だと

大根に合わせて締まってきて絶対におちることはありません。

 

すごいっ。

 

 

こちらが出来上がり。

楽天 https://item.rakuten.co.jp/echigomiso/10000037/

2018-12-22 | Posted in TOPICS, TOPICS GALLERYComments Closed